Ayana Yokota

よこな / Ayana

Developer Advocate

Developer Advocate

JFrog

JFrog

Ayana Yokota is currently a Developer Advocate at JFrog. She began her career as a web developer, having a background in backend engineering gained through experience at various companies. These days, management of the developers community is her favorite activity. She is a founder and organizer of a Java Community for women in Japan, and also a board member of the Japan Java User Group. Co-author of “The easiest textbook of Git and GitHub”.

Ayana Yokotaは現在、JFrogのデベロッパーアドボケイトです。 彼女は、さまざまな企業での経験を通じて得たバックエンドエンジニアリングのバックグラウンドを持ち、Web開発者としてのキャリアを開始しました。 最近、開発者コミュニティの管理は彼女のお気に入りの活動です。 彼女は、日本の女性のためのJava Communityの創設者および主催者であり、Japan Java UserGroupの理事でもあります。 「GitとGitHubの最も簡単な教科書」の共著者。

Localization Beyond Translation

翻訳を超えたローカリゼーション

Talk description トーク概要

Are you struggling with localizing contents to attract Japanese developers? Learn some of the things you should keep in mind when broadcasting contents that are localized from different source languages. I will share my experiences gained through my community activities and work at a global company.

あなたは日本の開発者を引き付けるためにローカライズ内容で苦労していますか?異なるソース言語からローカライズされた内容を放送するときに心に留めておくべき事柄をいくつか紹介します。私はグローバル企業で私のコミュニティ活動と仕事を通して得られた私の経験を共有することになります。