Hal Seki

関 治之

Representative Director

代表理事

Code for Japan

コード・フォー・ジャパン

Representative Director of Code for Japan, a general incorporated association. The motto is “Make community more livable with technology”. He is actively involved in various communities. He is also the CEO of Georepublic Japan, President of HackCamp, a part-time Chief Innovation Officer of Kobe City, fellow of Tokyo Metropolitan Government where he promotes start-up support policies and open data utilization in local governments.

Other positions: Advisor for Regional Informatization, Ministry of Internal Affairs and Communications, Open Data Evangelist, Cabinet Secretariat, etc.

一般社団法人コード・フォー・ジャパン代表理事。「テクノロジーで、地域をより住みやすく」をモットーに、会社の枠を超えて様々なコミュニティで積極的に活動する。 住民参加型のテクノロジー活用「シビックテック」を日本で推進している他、オープンソースGISを使ったシステム開発企業、合同会社 Georepublic Japan CEO及び、企業のオープンイノベーションを支援する株式会社HackCampの代表取締役社長も勤める。 また、神戸市のチーフ・イノベーション・オフィサー(非常勤)や東京都のフェローとして、自治体のスタートアップ支援政策やオープンデータ活用を推進している。 その他の役職:総務省 地域情報化アドバイザー、内閣官房 オープンデータ伝道師 等

 

Rebuilding Trust in Government through Open Source Governance

オープンソースガバナンスによる政府への信頼を回復させる方法

Talk description トーク概要

In an uncertain and rapidly changing society, a collaboration between the public and private sectors is essential for the government to provide quality services. Without the public’s trust, innovation will not be born because people will not accept challenges. The open governance model of open source communities is one way for governments to gain citizens’ trust because it is highly transparent and makes the decision-making process visible. In this session, I will introduce Civic Tech’s situation in Japan, focusing on the case of the Tokyo Metropolitan Government’s COVID-19 response website.

政府は、質の高いサービスを提供するために不確実かつ急速に変化する社会では、公共部門と民間部門間の連携が不可欠です。 人々は挑戦を受け入れないため、国民の信頼がなければ、イノベーションが生まれることはありません。 それは非常に透明であり、意思決定プロセスを可視にしているため、オープンソースコミュニティのオープンガバナンスモデルは、政府が市民の信頼を獲得するための一つの方法です。 このセッションでは、私は東京都のCOVID-19応答のウェブサイトの場合に焦点を当て、日本における市民Techの状況を紹介します。