JJ Asghar

JJ Asghar

Developer Advocate

Developer Advocate

IBM

IBM

JJ works as a Developer Advocate representing the IBM Cloud all over the world. He mainly focuses on the IBM Kubernetes Service and OpenShift trying to make companies and users have a successful onboarding to the Cloud Native ecosystem. He’s also been known in the DevOps tooling ecosystem and generalized Linux communities. If he isn’t building automation to make his work streamlined he’s building the groundwork to do just that.

He lives and grew up in Austin, Texas. A father and husband, trying to learn to balance his natural nerdiness with family life. He enjoys a good strong dark ale, hoppy IPA, some team building Artemis, and epic Gloomhaven campaigning.

He has recently dove headfirst into Fedora since IBM buying Redhat, but still secretly wants FreeBSD everywhere. He’s always trying to become a better web technology developer, though normally just uses bash to get the job done.

JJは、世界中のIBMCloudを代表するデベロッパーアドボケイトとして働いています。 彼は主に、IBM Kubernetes ServiceとOpenShiftに焦点を当て、企業とユーザーがクラウドネイティブエコシステムへのオンボーディングを成功させることを目指しています。 彼は、DevOpsツールエコシステムや一般化されたLinuxコミュニティでも知られています。 作業を合理化するための自動化を構築していない場合、彼はまさにそれを行うための基盤を構築しています。

彼はテキサス州オースティンに住み、育ちました。 彼の自然な”オタク”と家庭生活のバランスを取ろうと努力している父であり夫です。 彼は、力強いダークエール、ホップの効いたIPA、アルテミスのチームビルディング、壮大なGloomhavenキャンペーンがとても大好きです。

彼は最近、IBMがRedhatを買収して以来、Fedoraに真っ向から取り組んでいますが、いつでもどこでもFreeBSDを密かに望んでいます。 彼は常により優れたWebテクノロジー開発者になろうとしていますが、普段はbashを使用して仕事を成し遂げています。

Lessons Learned from Cultivating Open Source Projects and Communities

オープンソースプロジェクトとコミュニティの育成から学んだこと

Talk description トーク概要

Over the last decade, I’ve had the privilege professionally of building and cultivating some Open Source projects and communities. I’ve grown other projects along the way some successful, and some not. I’ve learned a ton on this journey; honestly still am, and I want to tell this story.

過去10年間、私は専門的にいくつかのオープンソースプロジェクトやコミュニティを構築し、育成の特権を持っていました。私はいくつかの成功の道に沿って他のプロジェクトを成長し、そしていくつかいませんでした。私はこの旅にトンを学びました。正直まだだ、と私はこの話をお伝えしたいと思います。